本文へジャンプ

お知らせ|Stilo

Home » お知らせ » 商品紹介 » ST5F ZERO ー Michael Krumm

ST5F ZERO ー Michael Krumm

New Stilo ST5 Zero Helmet out-performed my expectations at Le Mans 24H


For a racing driver their crash helmet is a very personal, piece of equipment. Some are literally in 'love' with their helmets and its design, while others don't seem to care too much about it, it is simply an essential tool of our trade. I generally belong to the latter group, so it is kind of unusual for me to feel compelled to write a piece on the new Stilo ST5 Zero Helmet.

As you may be aware my company is the official Stilo importer to Japan, so I do have a commercial interest in the ST5 being a success for Stilo. Fair enough. But I think my reactions as a driver to this new helmet really sums up why we became the importer for this exciting company, which is pushing helmet development, in the first place.

So let's take a look at what is so magic about this new helmet. I remember my manager Mike Perry seeing the helmet in real life before me and his first comments to me were: "This is a game changer!" Yeah, sure. Let me try it in real life first was my answer.

I collected my Stilo ST5's for 2015 from the factory and was immediately impressed with its lightweight and finish, it really is a piece of art.

image1.jpeg
With founder of Stilo Ludovico

image2.jpg
one of my New ST5 Zero's with an Older ST4

I then used the ST5 Zero for the first time in the car at the Le Mans test day and for the 24 Hour race.

image3.jpg

image4.png

In Le Mans the drivers need to get their weight checked with all equipment worn all the time, and all drivers strive to be as light as possible. My pure helmet and HANS weight was 300 grams lighter compared to my colleagues. Now that sounds not so much in general, but when I put the helmet on my head, I can immediately feel the lightness when I move my head around.

Now while driving that 300 grams become suddenly much more when adding the lateral g-forces. It was very quickly clear to me that the loads on my neck and shoulder area are much less compared to usual. This allows me to focus much longer on my driving rather than fighting some fatigue and distractions caused by muscle strains.

That alone is a great and valid point for the ST5 but there is more to it than just the sheer weight saving. The ease of putting the helmet on and off, the incredible closing mechanism all guarantee that I can 'gear-up' much faster than ever before. And that is unfortunately sometimes necessary in long-distance racing as your teammate might drop into the pits unannounced for a driver change. And you need to be ready very quickly...

Another thing that has changed from the previous ST4 model is the field of vision. Usually racing helmets restrict your field of vision, but with the ST5, the field of vision has been greatly improved, which allows you to have much bigger visual cues while racing. And you can actually look down at your belts and do them yourself if necessary. Now you can also move the visor up much higher, to get it out of your field of vision completely, and in a closed car you can use this perfectly as a moveable sun visor. Not to forget the very cool opening and closing mechanism of the visor. No more struggles to open your visor quickly to get some air when you are oxygen deprived.

Finally for me the most impressive thing is the noise cancellation performance of the ST5. I know there are drivers that like to hear lots of noise. In order to feel the engine and car better. I personally like to have it quiet in the car and I don't depend on audio cues much. So I use the special Stilo ear cups and would never want to race without them ever again. The quietness in the car gives me much more room to keep my concentration at a high level for a long time. The interesting fact about the ST5 was that the first time in my career I had to turn the radio volume down by 50% every time I got into the car. As my hearing is not that great (as most drivers), I always had the radio volume set to maximum in the past. But not with the ST5!

I could go on about the special carbon material, safety features and all the other cool stuff like the drinking system, aero, cooling etc. But you can find that information on the Stilo websites anyway. So to finish off I have to say Mike was right it is a Game Changer and I am very proud to be the Stilo Importer for Japan. My compliments to Ludovico and his whole team at Stilo for developing this incredible helmet. I know they do not rest now and like real racers are continuing to develop new solutions daily, but for the next few years the ST5 is the one to beat.

Michael Krumm


Stilo ST5 Zero 新ヘルメットの優れた性能 ル・マン24時間での期待値

レーシングドライバーにとってのヘルメットは、非常に主観的な装置の一つです。中にはヘルメットやそのデザインに文字通り「愛情」を持っているレーサーもいますし、あまり気にしていないように思える人もいます。実際私たちの仕事における重要なツールと言えます。私は一般的に、後者のグループに属しているので、Stiloの新しいST5 ZEROヘルメットの作品について強いて書こうと感じることはとても特別なことです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、弊社は、日本でのStilo公式輸入代理店ですので、ST5がStiloで成功することに商業的関心を持っています。それは勿論のことです。しかし、ヘルメットの開発を押し進めているこの刺激的な会社の輸入元となったそもそもの所以は、ドライバーとしてこの新しいヘルメットへの反応にまさに要約されていると思います。

それでは、この新しいヘルメットについて何がそんなに魅力的なのか検証してみましょう。私はマネージャーのマイク・ペリーが私より前に実際にこのヘルメットを見たときの最初のコメントを覚えています。『 "まさにゲームチェンジャーだね!』と。まさしく。まず自分で実際に試してみて、確かめてみようと思いました。

私は2015年のレースに向けてStilo ST5を受け取りにファクトリーに出向き、すぐにその軽量さと出来上がりの見事さに感動しました。本当に芸術作品です。

そして私は初めてル・マンのテストデーでST5 ZEROを使用し、 24時間レースにも着用しました。

ル・マンではドライバーはフル装備の状態で常に体重チェックを受ける必要があり、すべてのドライバーは、可能な限り軽くなるよう努めています。私の純正ヘルメットとハンスの重量は他ドライバーと比較すると300g軽くなりました。一般的にはそれほどのことではないように聞こえますが、ヘルメットを被って頭を動かすと、すぐに軽さを感じることができます。

運転中は側面のG力が加わり、300gの重さが突如はるかに大きな力となります。首と肩の領域の負荷が通常に比べて断然小さいことはすぐさま明確に感じました。これは筋肉の緊張による疲労や注意散漫と戦う上で、運転時により集中力を持続することができます。

それだけでもST5は素晴らしく有効なポイントといえますが、薄手軽量化だけではない魅力があります。ヘルメットを着脱する場合においても、開閉装置の改善で以前より俄然早く「ギア・アップ」が可能ということが実証されました。長距離レースではドライバー交代予告なしでピットに戻る可能性があるときなどに、これは残念ながら必要なことなのです。非常に迅速な準備を迫られることになるのです...。

ST4前モデルから改良されたもう一つは、視野の領域です。通常レーシングヘルメットは視野の領域が制限されていますが、ST5の場合は、その視野の領域が大幅に改善され、レース中の視覚的キューがはるかに大きくなりました。自分のベルトを実際に確認し、必要に応じて自分で動作することが可能です。そして、視野の領域を完璧に広げられるようバイザーをこれまでよりも上に移動させることができ、閉め切った車中では完全に可動式サンバイザーとしての使用が可能です。バイザーの開閉操作も「かなりクール」だということを加筆しておきます。これからは、酸欠状態ときに新鮮な空気を取り入れるための素早くバイザーを上げる動作に労することはなくなりました。

最後に、私が一番感銘を受けたのが、ST5のノイズキャンセレーション性能です。ノイズをたくさん拾いたいドライバーも中にはいます。エンジンや車をより感じるためです。私は個人的に車の中では静かな方を好み、あまりオーディオキューに依存しません。ですので、私は特別なStiloのイヤーカップを使用しており、それなしでレースをしたくありません。車の中で静粛性は長時間ハイレベルでの集中力維持に余裕を持たせてくれます。 ST5についての興味深い事実として、私のキャリアの中で初めて車に乗り込む度にラジオの音量を50%下げなければならなかったことでした。私の聴力は(ほとんどのドライバー同様)、そう素晴らしいものではないので、以前はいつもボリューム最大に無線を設定していました。しかし、ST5では違うのです!

特殊なカーボン素材、安全性能、その他のドリンキング・システム、エアロ・システム、クーリング・システム等の素晴らしさについても語りたいところですが、Stiloのウェブサイトで情報を公開しています。従いまして、「マイク(マネージャー)がゲームチェンジャーであると言ったことが正しかった」ということと、「日本でのStiloの輸入元であることを非常に誇りに思うこと」を持って話しを終わりにします。この信じられないほどのヘルメットを開発をしたStiloのルドヴィコ社長と全社員に賛辞を送ります。彼らはまるでレーサーのように休むことなく日々新たなソリューションの開発に取り組んでいることと思いますが、今後数年間、ST5は打ち破るのは難しいでしょう。

ミハエル・クルム